デリケートゾーンの黒ずみは、女性同士でも相談しにくい悩み。

トラブルが起きることの多いデリケートゾーンだけになんだか心配です。

最近では、ワキ、手、足と並びVIO脱毛も女性のマナーとしてデリケートゾーンの脱毛をするのが当たり前になりつつあります。

デリケートゾーン 黒ずみ

脱毛して「ハッ」と気になるのが・・・、あらわになったデリケートゾーンの黒ずみ。

このデリケートゾーンの黒ずみをみて驚愕する女性、落胆する女性が増えています。

中にはパートナーから指摘され、
「俺が知らない間にそんなに遊んでいたなんて信じられない!!!」
と別れに発展まですることもあるんだとか、、、

黒ずみはどうしても、男性側からするとよいイメージに繋がらないようです。

お互いさまじゃない!と思ってしまいますが・・・。

はじめまして、あいと申します。

わたしは、パートナーに黒ずみを指摘された一人であり別れを告げられました、実はわたしの実話でした。

女友達にも別れの理由を話せず胸の奥にしまい墓までもっていくつもりでしたが、ヤフー知恵袋を見てみると多くの女性が同じような悩みを持っていることを知り当サイトを立ち上げました。

同じ悩みをもつ女性が一人でも心穏やかに過ごせるように祈ります。

ブログタイトルは
少しでも同じデリケートゾーンの悩みをなくしたいという思いから「なくし隊」と命名しています。

気になっていてもケアの仕方がわからず余計に黒ずみを悪化させてしまうこともあります。

毎日お風呂で丁寧に洗うこと、下着にこだわったりは必ずしていると思いますが、保湿はしていないはずです。
黒ずみ対策には丁寧に洗う、下着選びだけでなく保湿することが必要です。

デリケートゾーンで黒ずみ対策クリームと黒ずみの原因方法を紹介します。
最後までお付き合いくださいね。

世の女性が気にしているアソコの悩みを徹底調査!

女性ですから、胸やお尻、スタイルが良いのと同じでデリケートゾーンも見た目がいいに限ります。

デリケートゾーンの黒ずみや臭いなどの悩みは人には言えないですよね・・・

そこで、今回20代から50代の女性100名を対象に「実は抱えているデリケートゾーンの悩み教えてください」という内容でアンケートを実施しました。

結果は、以下のような回答が寄せられました。

ぜひ参考までにご覧くださいね。
デリケートゾーン 黒ずみ

アンケート結果

  1. デリケートゾーンの臭い・・・40%

    第1位になったのが、”デリケートゾーンの臭い”でした。
    これは誰もが納得してしまう結果になったのではないでしょうか。

  2. デリケートゾーンの脱毛・・・29%

    そして、第2位が”デリケートゾーンの脱毛”年々、エチケットとしてVIOの脱毛が当たり前になっているのがよく分かる結果でしたね。

  3. デリケートゾーンの黒ずみ・・・21%

    第3位になったのが”デリケートゾーンの黒ずみ”です。
    デリケートゾーンの臭いが気になり脱毛をしてみたけれど、VIO脱毛してみたら「あっ!!」と気になる方が多くいらっしゃいます。

    わたしのようにパートナーから指摘をされたというコメントもあり、「このーー!!!」と怒りがこみあげてきちゃいました。
    わたしと同じく「デリケートゾーンの黒ずみ」を指摘される方が多いことにビックリしました。

    本当世の男性に(;´д`)トホホです。

  4. そのた・・・7%

    20代後半から30代の方からデリケートゾーンのかゆみ、かぶれなど肌荒れについてのコメントが寄せられました。

  5. デリケートゾーンの悩みはない・・・3%

    3%の方はデリケートゾーンに悩みはないとお答えいただいています。う・うらやましい、、、(わたし談)

「デリケートゾーンの大調査」いかがでしたか?わたしも臭いも気にかかりますし、臭い予防に脱毛がいいとも聞くので考えてしまいます。

やっぱりVIO脱毛しちゃうと気になっちゃうのが「デリケートゾーンの黒ずみ」なんですよね。。。
キレイに脱毛したのに黒ずみでビキニが着られない!と悲鳴を上げていた友人もいました、、、

顔のシミ気になりますが、毎日ケアしているとこのシミも薄くなってきますよね。

同じようにデリケートゾーンの黒ずみもきちんとケアしていけば今より断然キレイにできます!
デリケートゾーンの黒ずみだけでなく黒ずみはケアを始めるなら絶対に早いほうが効果を期待できるんですよ!!!

デリケートゾーンだけに肌も薄く敏感肌のわたしのように肌荒れが心配なあなたも、デリケートゾーンの黒ずみの原因からケア、対策まで解説していくので一緒にがんばりましょう!

黒ずみ原因の気になる原因とは

デリケート-ゾーン 黒ずみ
デリケートゾーンの黒ずみは、多くの女性が抱える悩みです。

それはある日突然黒いことに気づいて気になってしまうときもありますが、「黒ずんでいる女性は遊び人」という都市伝説から悩んでいる人も少なくありません。

しかし、この症状にはきちんとした原因があるのです。

デリケートゾーンの黒ずみの原因は「メラニン」

この黒ずみの主な原因は、一言で言ってしまえば「メラニン」です。
紫外線を多く浴びて顔や腕などにシミができるのと同じように、メラニン色素の沈着具合によって黒さは変わります。

一般的に、日本人を含め黄色人種はこのメラニン色素を白人などの欧米人に比べ多く持っているので、陰部がある程度黒ずんでしまうのは至って普通の話なんです。

また、メラニンの沈着率は年を重ねるごとに高くなっていくので、年代を追うごとに気になってくるのも仕方のないことなんです。
しかし、単に遺伝的なものが原因となるわけではありません。

ホルモンバランス崩れによるメラニン沈着

デリケートゾーンが昔から黒かったという人はメラニンの量によるものが可能性であることが考えられますが、前まではそれほど気にならなかったものが黒さが目立ってきたという人は、ホルモンバランスによるものが影響を及ぼしている可能性があります。

デリケートゾーン 黒ずみ 生理

女性には「生理」という月経周期があり、正常な場合は一か月周期でホルモンバランスが変わります。

しかし、一か月ごとにきちんと生理が来なかったりして生理不順な状態が続くと、肌が荒れたり、体毛が濃くなったり、冷え症になったりといった症状が出始めます。

そのようにホルモンバランスが乱れた状態になってしまうと肌の活性化ができなくなってしまい、メラニンが沈着した陰部の肌が活性化されなくなることで黒ずみが悪化してしまうのです。

下着の締め付けによるメラニン沈着

デリケートゾーンが黒ずみを作るメラニンは生理中のナプキンや普段の下着の付け方も大きく影響してきます。
黒ずみはホルモンの影響だけではなく、摩擦による刺激によっても引き起こされます。

下着が普段陰部に密着するように穿いている人や、長時間座っている人は、過度な摩擦によって陰部が大きなダメージを受けてしまい、結果的にメラニンの沈着を促すことになるので、注意が必要です。

そういった人は、できるだけ化学繊維は避け、肌に優しい天然素材の下着を着用するようにしましょう。
また、ナプキンを長時間付けていることも絶対にしてはいけません。

ナプキンが摩擦の原因以外にも、長時間付けていることによって陰部が不潔な状態が続くので、肌荒れや炎症の原因となります。
できるだけこまめに交換し、常に清潔な状態を保つようにしましょう。

デリケートゾーンの黒ずみはケアできる!

デリケートゾーンの黒ずみ原因がわかっても悩みは消えませんよね。
おそらく、一度黒ずんだ陰部を完全にピンクに近い状態にするのは難しいです。
ですが、その症状を和らげることはできます。

もっとも簡単なのは、専用の美肌クリームを塗ることです。
これで、一時的にはある程度症状を緩和させることができます。
しかしデリケートゾーンはその名の通りとてもデリケートな部位なので、必ず専用のクリームを塗ってください。

⇒一番選ばれているデリケートゾーンの黒ずみクリームはこれ

黒ずみを手術で治す方法も

デリケートゾーンの黒ずみは、経済的に余裕のある人は手術をするという方法があります。
これは、そのまま黒ずんだ部分を切除して少なくするという方法ですが、あくまでも最終手段と考えたほうが良いでしょう。

その際は、手術を受ける病院の情報はしっかり調べておくことが大切です。

しかし、手術をしたくても手が出せない、または勇気が出ないという人が多いと思います。

そういう人は、ある程度長期的になることを見越して体質改善をしてみることをおススメします。

デリケートゾーン 黒ずみ

先ほども述べたように、黒ずみはホルモンバランスの乱れによって促進されます。
ですが、ホルモンバランスは日々の生活習慣を見直せば十分に改善できるのです。

まずは、自分の生理周期を今一度確認し、知っておくことが重要です。
その上で、乱れていると感じた人はバランスの良い食事を心掛け、日々身体を動かす時間を少しでも作りましょう。
それを続けていくうちに、新陳代謝が促され、肌が再生しやすくなります。

また、他の諸症状の改善にもつながるので、まずは日々の生活を見直してみましょう。

それでも、症状が改善しないという人は、やはり、専門の医師に相談するのが適切です。
素人が勝手に判断してクリームを塗ったりしても、なかなか効果が見られないということは多々あります。

デリケートゾーンだから行きづらいという人は、女性の医者に診てもらえる病院を探してみてください。
陰部に限らず、デリケートゾーンと呼ばれる場所は、特に刺激に弱く、メラニンが沈着しやすい場所です。

黒さの濃さには個人差がありますが、ある程度黒ずみが出てきてしまうのは仕方のないことなので、過度に気にしすぎる必要はありません。

極端に変に黒ずんでいる場合は病気の可能性も否定はできないので、すぐに専門医に相談することが大切ですが、それ以外特に目立った症状がない場合は放っておいても問題はありません。

それよりも、日頃のケアでデリケートゾーンを清潔に保つことを心掛けましょう。

摩擦などの刺激で黒ずみができる理由

デリケートゾーンの黒ずみは、普段人に見せる場所ではありませんが、自分ではとても気になる場所です。
気付いたら黒くなっていたという人も多いでしょう。
一度気になると、どうにかして元の肌色に戻したいと思う方も多いのではないでしょうか。
まずは、どうしてデリケートゾーンが黒ずんでしまったのかを知り、対策やケアをしてきましょう。

●摩擦がデリケートゾーンの黒ずみになります

デリケートゾーン 黒ずみ 摩擦デリケートゾーンの黒ずみの原因として、下着による摩擦があります。
お風呂に入る前など下着を脱いだ時に、下着の跡は付いていませんか。
もし付いているという方がいたら、それはショーツのサイズが合っていないでしょう。
サイズの合っていない物を使用していると摩擦の原因になります。
さらに、血流の流れが悪くなりますので注意が必要です。

●摩擦によるメラニン細胞が生成

デリケートゾーン 黒ずみ メラニン摩擦によって、肌に刺激を受けると、体の中から保護しようとメラニン細胞(メラノサイト)の働きが活発になります。
メラニンと聞くと、シミの原因と思っている方も多く、肌に悪いもの決めつけている人もいるかもしれませんが、このメラニンは紫外線から肌を守ってくれる役割を持っており、私たちの皮膚にとって大切な働きをしてくれています。

メラニン細胞(メラノサイト)は、表皮細胞でバリアゾーンを生成し、肌細胞が紫外線の刺激を受けないようにしてくれているのです。

紫外線によるDNAの破壊や皮膚がんの発症を抑えてくれる効果もあります。

デリケートゾーンは皮膚の薄い場所です

摩擦によってメラニンが生成されると、肌は黒ずんでしまいます。

毎日のように締め付けたショーツを付けていると、V字ラインはどんどん黒くなっていってしまいます。
本来は、28日間程度で肌のターンオーバーが行われ、元の色味に戻ろうと働いてくれるのですが、毎日のように刺激を受け続けていくことで肌はずっとトラブルを抱えたままになってしまいます。

特に、陰部は他の場所に比べて皮膚が薄く、ちょっとしたことでも刺激を受けてしまいます。

また、日本人の場合は色素沈着しやすい体質の人が多いため、改善するのに時間がかかることも多いでしょう。

摩擦、予防・対策をしましょう

黒ずみの原因が下着による締め付けならば、自分に合っているサイズの物を選ぶことで改善することができます。

また、今は女性用のボクサーパンツも売っていますので活用すると良いでしょう。

kurozumi_boxer

ショーツを付けないというわけにはいかないでしょうから、なるべく締め付け感がないものを選ぶことで、これ以上の悪化は防ぐことができます。

●肌のターンオーバーを正常にしましょう

デリケートゾーン ターンオーバー本来、肌のターンオーバーは20代の女性で28日周期で行われていると言われています。

しかし、ホルモンバランスの崩れから周期に乱れが出てしまう場合、正常に行われなくなってしまうこともあります。

また、デリケートゾーンに関しては、ショーツの締め付けや生理用品を使用することで他の肌よりもターンオーバーが正常に行われていない可能性が高く、その為、元の肌に戻る前にまた黒ずみの原因を作ってしまっている状態になっているのです。

肌のターンオーバーを正常にする為には、生活習慣を見直すことが大切になってきます。

ターンオーバーが乱れる原因として、睡眠不足・血行不良・ストレス・栄養不足などが挙げられます。

これらの状態が続いていきますと、新陳代謝が落ちてしまうだけではなく、女性ホルモンの働きも悪くなってしまいます。

女性ホルモンが活性化されることによって、新陳代謝が上がり、さらに肌のターンオーバーも正常に戻すことができるのです。

肌のトラブル対策としてだけではなく、健康な体を作ることが体全体、そして肌にまで良い影響を与えてくれます。

●紫外線対策も必要です

デリケートゾーン 黒ずみ 紫外線紫外線により、メラニンが生成されやすくなるので、紫外線対策も必要になります。

普段見せて歩くような場所ではないからと安心しないでください。

紫外線は、洋服の上からでも影響があるのです。できるだけ、UV対策をするようにしましょう。

 

●黒ずみ専用クリームを使用しましょう

デリケートゾーン 黒ずみ クリーム陰部専用のクリームが売られています。
美白成分が入っている物も多いので、効果が期待できます。

さらにクリームを塗ることで、下着からも保護されている状態になりますので、より効果的に予防することができるでしょう。

陰部石鹸なども売られていますが、それらはかゆみや臭いに効果的ではあっても、黒くなった部分を元の色味に戻すことはそれほど効果的ではないようです。

自分に合った専用クリームを使用することで、元の色味に戻してあげる手助けになるのではないでしょうか。

●肌への刺激を受けないよう、予防しましょう

デリケートゾーン 黒ずみ 予防締め付けの少ない下着を付けること、健康的な生活を送り、肌のターンオーバーを正常化することで、陰部の悩みを軽減することができるでしょう。

普段から心掛けて生活することで、キレイな肌を維持していくことができます。

黒ずみの具体的なケア方法

デリケートゾーン ケア 方法
デリケートゾーンの黒ずみは、妊娠や出産、加齢による原因以外では、ほとんどが肌の摩擦や刺激によりできます。

デリケートゾーンは、まぶたよりも皮膚が薄いため、他の部位に比べても最も黒ずみやすいとされています。
下着やショーツにより摩擦や刺激が毎日繰り返されていることから黒ずみになりやすく、下着のゴム部分があたりやすい腰回りやVラインは黒ずみになっている人も少なくありません、ショーツや下着のゴムで圧迫されることにより、皮膚が外部からの過度の刺激から肌を守ろうとして黒ずみの原因となるメラニンが生成され、肌が赤く見えるようになります。

無意識に肌の摩擦や締め付けを繰り返し起こすことにより、メラニン生成がさらに活発化し、肌のターンオーバーが狂っていき、徐々に黒ずみとして肌にあらわれるようになります。

デリケートゾーンの黒ずみケアでは、日頃から下着や外部からの刺激や摩擦より肌を守る必要があります。

洗い方から


まずは、洗い方から見直します。

黒ずみケアの方法としては、洗い方の見直しは基本となります。

デリケートゾーンは、清潔にしたいという思いから念入りに洗ってしまうことがあります。

しかし、念入りに洗うことにより摩擦や肌の刺激となってしまい、黒ずみの原因となることがあります。

洗いすぎてしまうと皮膚に必要な菌まで洗い流してしまうことになるため、肌の自浄作用が弱まってしまい、黒ずみだけでなく臭いを引き起こします。

さらに、肌に必要な常在菌までいなくなることで、粘膜部分の免疫力が落ち、雑菌が繁殖しやすくなります。

その結果、かぶれやかゆみなどの炎症やカンジダ膣炎などの性病になるリスクが高まります。

デリケートゾーン 黒ずみ 石鹸

デリケートゾーンを洗う際には、専用の石鹸や肌と同じ成分である弱酸性の石鹸で洗うようにします。

弱酸性の石鹸は、無添加、無香料、無着色と刺激物が配合されていなければどの石鹸でも効果は変わらないとされています。
弱酸性の石鹸であれば、身体に有効な常在菌を守りつつ、雑菌の増殖や侵入を防ぐこともできるため、肌を健康に保ちながら綺麗に洗うことができます。

アルカリ性の石鹸の場合は、洗浄力が強すぎるため、乾燥を引き起こすことがあります。

乾燥することで、かゆみや炎症の原因にもなります。

洗い方としては、身体を洗う時のようにナイロンタオルなどでゴシゴシと洗って刺激を与えないようにします。

石鹸は、泡立てることで、汚れを吸着し、肌の汚れを落とすことができます。
肌に刺激を与えないように石鹸は泡立てて、泡パックで毎日ケアするようにします。

泡は、泡立てネットを使って、きめ細かい泡を作ります。
ボディタオルでも泡を作ることはできますが、泡立てネットを使った方が感嘆でキメの細かいふわふわと弾力のある泡を作ることができます。

泡パックは、最長で2分間そのままにします。
2分以上放置してしまった場合、肌に必要な成分まで吸着します。

月経時の念入りに洗いたい時などは、泡を押すことで洗浄力を高めることができるため、こすったりせずに泡を押すようにします。
泡を落とす際には、体温よりも少し暖かい程度のぬるま湯を目安に洗い流します。
熱いお湯は皮膚への刺激となるため、ぬるま湯で洗い流すように心がけます。

保湿対策が黒ずみのキメて!

洗い方の見直しの次は保湿です。
肌には元々天然保湿因子と呼ばれる独自の保湿成分があります。

しかし、この保湿成分は水に弱い性質を持っているため、入浴時にはほとんどが流れ落ちます。

特に、デリケートゾーンの皮膚は、身体の中でも皮膚が薄く敏感なため、他の部位よりも水分を保持することができません。
水分を保てないということは乾燥しやすく、刺激を受ければ黒ずみになりやすい状態です。
そのため、入浴後には必ず保湿ケアを行うようにすることが黒ずみケアへとつながります。

デリケートゾーンは皮膚が薄く、顔のように水分を保持する力が弱いことから、保湿では専用のクリームや美容液を使用するようにします。

これらの保湿成分には、黒ずみをケアできる成分や肌を乾燥から防ぐための保湿成分、肌を清潔に保つための成分などが含まれています。
肌への刺激となる香料やアルコールなどの肌に負担になる成分は含まれていないことが多いですが、よく確認してから選ぶようにします。

顔用の美白化粧品では、アルコールなど刺激になってしまう成分が含まれているタイプが多いことや肌を清潔に保つ殺菌作用成分が入っていないものがほとんどのため、なるべくデリケートゾーン専用の保湿剤を使用するようにします。

保湿は、お風呂あがりだけでなく、無駄毛の処理の前後、朝の出かける前にも行います。

保湿方法

cream001
保湿方法は、洗浄後の綺麗な肌の状態で、保湿剤を1円玉程度の量を手のひらにのせ、指の腹をつかった摩擦が起こらないように優しくなじませていきます。

少しの力でもダメージを受けるほど角質層は薄いため、力を入れないように気をつけます。

また、粘膜には保湿剤を塗らないようにします。

水分やクリームの量が気になる場合には、ティッシュで軽く押さえます。

黒ずみケアクリームおすすめランキング

黒ずみを予防に最適な保湿対策。保湿クリームの中でも人気のある3種類を紹介します。

  1. 本気でケアするなら!イビサクリーム

    イビサクリーム

    価格 5.0
    使用感 5.0
    効果 5.0
    価格:
    4,470円(税別)
    容量:
    35g

    日本で一番人気があるデリケートゾーン対策用クリームです。

    日本で一番人気があるだけに効果も嘘みたいに実感できました。
    保湿することの大切さすごーく分かります♪イビサクリームは乳液を塗る感覚で手で広げてデリケートゾーンに塗るだけ♪

    なんといってもイビサクリームは医薬部外品なのでデリケートゾーンの黒ずみに効果があることが認められている点です。
    本気でデリケートゾーンの黒ずみ対策を始めるならイビサクリームがおすすめです。

     
     

    管理人のレビュー

    管理人のレビューが入ります。管理人のレビューが入ります。管理人のレビューが入ります。管理人のレビューが入ります。管理人のレビューが入ります。

    商品詳細を見る

  2. ちょっと試してみたいなら!ヴィエルホワイト

    ヴィエルホワイト

    価格 4.0
    使用感 3.5
    効果 4.0
    価格:
    4,890円(税別)
    容量:
    30ml

    実力派コスメのヴィエルホワイトはとにかくすごい浸透力と保湿力です。
    ヴィエルホワイトの美白効果はリポソーム化にありました。
    業界で唯一採用しているリポソーム技術。
    リポソームはカプセルに美容成分をギュギューッと極小カプセルに閉じ込めて浸透力をアップしたもの。

    美容クリニック、エステで使われる専用化粧品を開発した美のカリスマが開発した医薬部外品の美白クリームです。

    気になる黒ずみにピンポイントで成分を浸透させます。
    120日間の返金保証もついているので安心してお試しできますよ。
    全身たっぷり使えるのも嬉しいですね♪

     
     

    管理人のレビュー

    管理人のレビューが入ります。管理人のレビューが入ります。管理人のレビューが入ります。管理人のレビューが入ります。管理人のレビューが入ります。

    商品詳細を見る

  3. デリケートゾーンだけでなく気になる乳首もと欲張りさんに!ホワイトラグジュアリープレミアム

    ホワイトラグジュアリープレミアム

    価格 3.0
    使用感 3.5
    効果 4.0
    価格:
    5,537円(税別)
    容量:
    25g

    メラニン生成を抑制する独自処方の「スーパーVCT」と3種類のビタミンがメラノサイトに直接作用して美白美容液では届きにくかった皮膚の奥の奥まで届きます。
    イビサクリーム、ヴィエルホワイトより値段は高くなりますが、全身に使えるので女性本来のキレイな肌を取り戻すことができます。

    ターンオーバーの周期に合わせて継続するのが結果につながりやすいですよ。
    20代は約28日、30代は約40日、40代は約60日、黒ずみで悩まれてる人の多くはターンオーバーも乱れがちになるっているのでターンオーバーから改善していきましょう♪

     

    管理人のレビュー

    管理人のレビューが入ります。管理人のレビューが入ります。管理人のレビューが入ります。管理人のレビューが入ります。管理人のレビューが入ります。

    商品詳細を見る

デリケートゾーンの黒ずみには専用のケアが必要です

デリケートゾーン 黒ずみ ケア
元々デリケートゾーンは皮膚の角質層が薄く、ちょっとした刺激によって黒ずみができやすい箇所になりますので自己処理の失敗や強い刺激によって起こってしまいます。

このような原因で起こってしまうものですが、陰部にできるものになりますので、他の原点で発生してしまったと誤解を受けたり、考えて悩んでしまったりすることも多くありますので、原因を知って専用のケアをして改善させた方が良いでしょう。

強い刺激や摩擦といった理由で発生しますが、それぞれに対するケアが必要になります。
そのためにはどんな原因で発生しているのかを知らなければなりません。
まず原因の中でも多いのがムダ毛の自己処理による発生になります。

脱毛サロンで処理をしてもらう分だとプロの方が専用の機械を使用して施術しますので気にする必要はありませんが、自己処理になりますと間違った方法でしたり、過度の刺激を与えたりして発生しやすくなります。

肌にダメージが与えられると、刺激から肌を守るためにメラニンを発生させる仕組みとなっています。
また肌のターンオーバーが乱れているとちょっとした刺激を与えてしまっても改善されるまでに時間が掛かってしまいます。

デリケートゾーン 黒ずみ

ホルモンバランスが崩れる生理不順、妊娠や出産を経験したことが要因となるケースもありますが、過度な摩擦やかぶれも気を付けなければなりません。
自分の肌に合わないボディクリームを使用した、強い運動等を行って摩擦が起こり皮膚を過度に刺激をしてしまった等のために身体が肌を守るためにメラニンを発生させます。
強い刺激を与えなくても刺激を常に与えている状況もあまり好ましくなく、強い締め付けの下着を履いているのもあまりオススメできません。

デリケートゾーンに黒ずみがよく発生している女性の共通点として多く挙げられるのが締め付けの強い下着を履いている女性になりまして、窮屈な下着は常に刺激を与え続けてしまい、それがズレたりするなどしたら、変に肌にダメージを与えてしまうのです。

またそれ以外の理由としては陰部をしっかりとケアをしない人も発生しやすいです。
しっかりとしたケアをしないと不衛生な状態になってしまいますので、他の部位と同様なケアが必要になりますが、その逆も注意が必要です。強い力でゴシゴシと洗ったり、刺激の強い洗剤を使用したりすれば肌へのダメージになってしまいます。

もちろん肌への刺激だけではなくストレスも影響していますので、これらの原因の対策も必要になります。

このようにデリケートゾーンにできる黒ずみの原因があるのですが、これらの対策や予防や改善のためには専用のケアが必要になります。

他の部位よりも皮膚が薄いので低刺激をいつも心掛ける必要があり、特に保湿を意識してみてください。

顔をケアするのと同じようになるべく刺激を与えないようにして、十分なうるおいを与えるようにすることが大事になります。

使用する道具もタオルやスポンジといったものをできるだけ使わないようにしまして、泡を立てたらそれでしっかりと洗ってあげれば良いのです。

身体を優しくなでるようにして洗うのが良く、刺激を与えずに清潔にしてください。

そして使用する洗剤などですが、低刺激のものが良いですけど、デリケートゾーン専用のものを使うと良いでしょう。

身体の部位別に専用の化粧品があるように、そのために作られている美容化粧品があります。

黒ずみを改善させるために作られた化粧品も数多くありまして、本当に改善させたいと考えているのでしたら低刺激の洗剤を使用するだけではなく、特化したものも併用してみてください。気になる部分に使用する化粧品は低刺激だけではなく、無添加であったり、保湿成分や美白成分が配合されていたりして、しっかりとしたケアができるように考えられています。

また皮膚が薄い箇所になりますから肌に浸透しやすいようにしていたり、分子化されていたりと効果的に使用できるものも数多くあります。
化粧品や洗剤の種類の方も石鹸タイプからジェルタイプまでさまざまであり、自分が使いやすいものを使用するのが良いですし、トータルケアをしてくれるものもあります。

デリケートゾーンは刺激に弱く、大事な部分になりますから他の部位よりもしっかりとしたケアが必要になるのです。

何も考えずに刺激を与えたり、洗ったりすれば、それが悪い方向に向かってしまいますので日頃からのケアの方法を考えてみてください。

それに黒ずみが発生してしまったり、発生させたくないと考えているのでしたら専用のケアで要にあったり、化粧品が必なりますので、原因や要因を作らないようにしてケアをして改善していきましょう。