デリケートゾーンの黒ずみと刺激の関係

デリケートゾーンの臭い

皮膚の薄い顔や脇などはスキンケアや脱毛などの刺激によって黒ずみのできやすい部分です。

デリケートゾーンも皮膚が薄く、下着やナプキンなどの摩擦や脱毛などの刺激が受けることが多いため肌を守るためにメラニン色素が生成されて黒ずんでしまいがちな部分になります。

デリケートな部分なだけに誰かに相談することもできず、悩んでいるという女性も多いようです。

陰部や陰部周りで黒ずんでしまいやすいのが「大陰唇」「小陰唇」『お尻」です。中でも小陰唇に悩んでいるというケースが多いとされています。

このような悩みになる黒ずむ原因は顔などにできるシミと同じメラニン色素です。加齢やホルモンバランスが変化することによってメラニン色素が色素沈着を起こすことによって肌は黒ずんでいきます。

ほかにも、摩擦や炎症によるダメージ、化学繊維を使った下着、体に密着しやすいジーンズなどの着用がダメージになってしまいます。

デリケートゾーンは角質が薄いため、ちょっとしたことでも刺激になってしまいます。

下着に覆われている部分のため湿度が高く雑菌なども繁殖してかゆみを引き起こしたり、雑菌が毛穴の中に入って炎症を引き起こすなどの肌トラブルも黒ずみの原因となってしまうため日頃のケアが重要となります。

正しいケア方法としては、入浴したときに洗う場合にはボディ用の洗浄力の強いものは肌への負担となってしまい、膣などの環境を保つために働く善玉菌まで殺菌してしまう可能性があります。

そのため洗う場合には、デリケートゾーン専用のものを利用することがおすすめです。

専用の石鹸などを泡立てネットや手でたっぷりの泡を作り、前から順に肛門に向かって洗います。

陰部は複雑に入り組んでいる構造のため恥垢という垢や尿が残りやすいため、丁寧に指の腹を使って洗っていきます。最後にぬるま湯でしっかり洗浄成分を洗い流します。

角質が薄いため乾燥しやすい部分でもあるため、洗い終わった後は保湿ケアすることも重要です。清潔にした状態で専用の化粧水などのスキンケア用品を使ってケアしていきます。

日頃のケアで黒ずんでしまうリスクは軽減させることはできますが、すでにできてしまった黒ずみを改善したいという場合にはさまざまな方法でケアすることができるようになっています。

美白クリームを使用したり、クリニックでの治療などを行なうことができます。

人に見られるのは恥ずかしいため市販のクリームで対処したい場合には、刺激の少ないタイプのものを選んで、保湿成分が入っている肌のターンオーバーを正常にするサポートをするものがおすすめです。

市販の美白クリームなどを使用したとしても、顔と異なり刺激の受けやすい部分ですのですぐに効果は出ないため根気よく続けていく必要があります。

確実に効果を出したいという場合には、美容皮膚科を受診するのも良いとされています。

クリニックではメラニン色素の生成を抑制する効果のあるハイドロキノンや新陳代謝を促してメラニン色素を除去する効果のあるレチノイン酸などが配合されたクリームなどを処方してもらうことができます。

皮膚の薬剤を塗って古い角質を除去することによって肌のターンオーバーを早めることのできるケミカルピーリングは、黒ずんだ肌を除去するだけではなく皮膚のざらつきも取り除いて肌をすべすべに近づけることもできる治療方法です。

また、VIOラインの脱毛などをすればメラニン色素を減らすことができ、ムダ毛だけではなく黒ずみの改善にも繋がるため良いとされています。ムダ毛が処理されれば、その分だけ排泄物や生理の経血などがつかなくなりナプキンかぶれや湿疹を繰り返すなどのトラブルの軽減にも繋がります。

生理中も清潔を心がけるために、ナプキンの交換もこまめに行なっていきます。

ほかにも、下着や衣類による刺激を軽減するのも大切となります。自分に合った下着のサイズや形状を考えてみたり、素材も化学繊維のものではなくコットンやシルクなどの天然素材で肌に優しく通気性が良いものや、吸湿速乾加工を施した繊維などが良いとされています。

形状もビキニラインが黒ずんでしまうのを防ぐためには、ボクサータイプのショーツなどが擦れにくいためおすすめです。

デリケートゾーンは、もともと皮膚が薄く黒ずみやすい部分になります。

人種や肌質によって黒ずんでしまいやすい人もいます。透き通るような白い肌というのは難しいものですが、神経質にならずにケアを継続して行なっていくことによって改善していくことはできます。

デリケートゾーンの黒ずみを改善していくためには、肌の正常なターンオーバーが重要となります。

外側からのケアだけではなく、規則正しい生活や栄養バランスの整った食事、肌のターンオーバーをスムーズにすることのできる質の良い睡眠、血行を良くして肌の調子を整えるための適度な運動など生活面を見直して改善していくことも大切です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

関連記事がありません。