デリケートゾーン 黒ずみ クリーム

デリケートゾーンは皮膚がとても薄く、敏感な部分です。

皮膚は、外部から刺激を受けると、皮膚を守ろうとメラニン色素が作り出されます。

そして、メラニン色素が肌のターンオーバーとともに排出されないと、肌に残るため、黒ずみが目立つようになります。

このように、黒ずみの正体はメラニン色素ですが、なぜメラニン色素は過剰に作られるのでしょうか。

それにはいくつかの原因があります。

摩擦
まず考えられるのは、摩擦です。

肌にぴったりとした洋服や下着を身に着けると、体が動くと同時に肌と生地が擦れるため、摩擦が起こります。

特に下着のゴムが肌にくい込んでいると、肌にとっては大きな負担になります。

摩擦が生じると、肌はメラニン色素を生成したり、角質を厚くすることで肌を守ろうとします。

対策法としては、肌に優しい素材で作られていて、肌を締め付けないような形の下着や洋服を選ぶと良いでしょう。

ムダ毛の自己処理
次に考えられるのが、カミソリなどによるムダ毛処理です。

ムダ毛処理は皮膚への刺激が大きいものですが、特に毛抜きは組織を引きちぎることになるので、肌トラブルが起こるリスクが高くなります。

デリケートゾーンのムダ毛処理はできるだけプロにお願いするのが賢明です。

かゆみ
また、生理ナプキンやボディーソープなどによってかゆみが生じることがあります。

すると、どうしても強く掻いてしまうため、皮膚に刺激を与えることになります。

ホルモンバランス
さらに、ホルモンバランスの乱れも肌から透明感を奪います。特に、妊娠や出産を経験すると、乳首やデリケートゾーンの色素は濃くなるので悩む女性は多いのですが、ホルモンバランスの状態が落ち着いてくれば、改善することが多いようです。

原因が何であれ、皮膚の色が濃くなるのは、メラニン色素が過剰に作られた結果なので、これを改善するためには、美白クリームを使用するのが効果的です。

美白クリームは、市販品でも手に入れることができますし、美容皮膚科でも処方してもらうことができます。

美白クリームに配合された有効成分で代表的なものは、ハイドロキノン、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、トレチノイン酸などがあります。

また、美白成分に加えて、保湿成分が含まれたものを選ぶのもポイントです。

肌がしっかり保湿されることで、ターンオーバーが正常に行われ、古い角質がはがれます。古い角質がはがれた後は、肌に明るさが戻ってきます。

また、ターンオーバーが整うことで、キメが整い、なめらかな肌に生まれ変わります。

美白クリームは、有効成分が含まれていることが大切ですが、デリケートゾーンは敏感な部分なので、低刺激であることも大切です。

ですので、合成添加物やアルコール、鉱物油などが含まれていないものを選ぶようにしましょう。

最近は、全額返金保証がついている商品が増えているので、気軽に試したい人や肌に合うか心配な人は、これらの商品は利用しやすいのでおすすめです。

そして、黒ずみがどれくらいで改善されるのかについては、個人差がありますが、肌のターンオーバーを考慮すると、最低でも1ヶ月半くらいは必要です。

すぐに効果が出ないからと言ってやめずに継続して使用することで、改善効果が期待できます。