脱毛しながらデリケートゾーンの黒ずみ治療するには?

デリケートゾーン 黒ずみ 脱毛

お洒落な下着や水着を着る場合、デリケートゾーンのムダ毛が気になってしまうこともあるでしょう。

ムダ毛はカミソリや電気シェーバーなどで処理するという方法もあります。

確かに自己処理は簡単にムダ毛を無くすことができるのですが、繰り返すと黒ずみなどが発生してしまうこともあるので注意しましょう。

デリケートゾーンは自己処理による摩擦や乾燥、下着の擦れなどの原因によって黒ずんでしまうとされています。

黒ずみはどう治療したらいいの?

どのように治療すれば良いのかということですが、まずは自己処理を控えてみると良いでしょう。

なぜならカミソリなどで毛を処理すると肌への刺激が大きく、それによって色素沈着が起きてしまうのです。

色素沈着が起きるのはメラニンが生成されるためであり、肌が刺激を受けるとメラニンが多く生成されてしまうのです。

また、デリケートな部分ほどちょっとした刺激でメラニンが生成されやすくなるので注意しましょう。

つまり肌を守るために黒ずみが発生するということです。また、脱毛中に色素沈着を改善したいという場合、しっかりと保湿を行うことも大切です。

ムダ毛を処理をした後はもちろん、1日1回は保湿クリームなどでケアをすると良いでしょう。

レーザー脱毛は光脱毛よりも効果が高いことで知られており、自己処理による摩擦や乾燥を減らすことができるため、黒ずみの改善に繋がるということです。

肌の黒ずみは知らないうちに発生してしまうものですし、気づいた時にはどうすることもできない状態になっていることがあります。

黒ずんでしまうと脱毛効果も低くなってしまうため、できるだけ早く脱毛を始めることが大切です。

ちなみに、フラッシュ脱毛の場合は毛が太い部分ほど高い効果を期待できるのですが、周りの肌が黒ずんでいるとムダ毛に集中して熱を与えることができなくなりますし、効果が弱くなってしまうということです。

デリケートゾーンが黒ずんでしまっているとvio脱毛の効果が出にくくなり、効果に満足するまで時間がかかってしまうため、黒ずんでしまう前に脱毛を受けると良いのです。

もちろん既に黒ずんでしまった人はvio脱毛ができないというわけではありません。

vio脱毛のメリットはやはり自己処理の必要が無くなるということが挙げられます。

また、生理の時の不快感が無くなりますし、デリケートゾーンの清潔を保ちやすくなるでしょう。

ちなみに、デリケートゾーンに毛が生えていると蒸れやすくなりますし、雑菌が繁殖しやすくなって臭いが気になることもあります。

vio脱毛を受けることにより、この部分のさまざまな悩みを効率よく解消できるでしょう。

ちなみに、デリケートゾーンの脱毛は12~18回程度かかるとされており、脱毛中もしっかりと保湿ケアを行うことで黒ずみを改善していくことができます。

脱毛は2ヶ月に1回程度の施術が必要となりますが、時間が長くなると費用も高くなってしまいますし、お得な価格で受けられるエステサロンを見つけてみると良いでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

デリケートゾーンのムダ毛処理で黒ずみが出来た場合