デリケートゾーンの黒ずみは皮膚科?それともセルフケア?メリットデメリットをとことん解説

デリケートゾーン 黒ずみ 皮膚科

デリケートゾーはいつ何があっても良いように綺麗にしておきたいものです。

黒ずみがあると男性に「遊んでいる」と思われることもあるので解消しておきたいものです。

デリケートゾーンの黒ずみは皮膚科で行ったり、セルフケアを行うことができます。

どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

皮膚科でデリケートゾーンの黒ずみ対策

メリット

皮膚科のメリットは、効果が早く出る事です。

レーザーで黒ずみの原因であるメラニン色素を破壊したり、美白用クリームの処方やピーリングで新陳代謝を活性化させてメラニン色素を排出することが主なものになります。

自宅でセルフケアで行う場合には安全性が重視されますが、医師が施術を行ったり薬の処方を行うため強力で効果が高い方法になります。

そのため、セルフケアでは時間がかかってしまっても、皮膚科ならば短時間でデリケートゾーンを綺麗にすることもできます。

デメリット

デメリットとしては治療に行くための時間がかかってしまうことと、費用が高額になってしまうことです。

レーザー治療や薬は、病気や怪我の治療ではないため健康保険が利用できません。

そのため全額自費負担となってしまい、レーザー治療の場合には1回あたり10000円~20000円程度、薬の処方のばあいにも1カ月で50000円程度の費用が掛かってしまいます。

レーザー治療の場合には複数回の施術が必要なため、合計では100000円を超えてしまうケースもあります。

無料の相談を受け付けている皮膚科もあるので、どれくらいの費用があるかまず相談してみるのも良いでしょう。

セルフケアのデリケート黒ずみ対策

メリット

セルフケアのメリットは、自分の好きなタイミングでいつでも行うことができる事です。

お風呂上がりなどの清潔な肌に専用のクリームやジェルを気になる部分に使うという手軽さなので、さほど苦になるものではありません。

費用が皮膚科で治療を行うよりも安くなるのもメリットの一つです。

使うクリームやジェルの種類にもよりますが1カ月5000円前後になり、定期購入すると安くなるサービスを行っていることもあるので費用がもっと安くなることもあります。

デメリット

デメリットとしては毎日継続して行わなければいけないことです。

安全性に配慮されて作られているクリームやジェルを使うことになるので、効果に即効性は期待するのは難しいと言われています。

毎日継続して使用しなければ効果が実感しにくいと言われています。

個人差もあり早い場合では数週間ほどで効果が出ると言われている商品もありますが、多くは数か月経過して変化がわかるというものも多いです。

まとめ

日頃から「いつ何があっても大丈夫なように」というケアを行うのならばセルフケアでも問題ないかもしれませんが、急に旅行に行くことが決まった、というような場合には市販のジェルやクリームを使ったセルフケアだけでは間に合わなくなる可能性が高くなります。

どちらにもメリットとデメリットがあります。よく理解して、自分に合った方法でケアを行うようにしましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

関連記事がありません。