デリケートゾーン ニキビ 薬

デリケートゾーン(陰部)は肌が薄く、ちょっとした刺激にも反応しやすい部分となっています。

普段は下着に覆われているので蒸れやすく雑菌が繁殖しやすいですし、毛穴に菌が感染するとニキビのようなものができてしまうこともあります。

デリケートゾーンは複雑に入り組んだ構造をしており、垢や尿が残りやすい部分です。

この垢や尿などがトラブルの原因になると言われており、特に生理中や免疫力が落ちている時などに痒みなどの症状が出やすくなっています。

そこで正しいお手入れ方法を実践することにより、デリケートゾーンのトラブルを防ぐと良いでしょう。

デリケートゾーンを洗う場合、ボディ用ソープは使わない方が無難です。

この部分は非常に敏感なので洗浄力が強すぎるものは刺激になりやすく、良い働きをする善玉菌まで殺菌してしまうことがあります。

そこで刺激を抑えたい場合はデリケートゾーン専用のソープを使うのが良く、手やネットなどで泡をたっぷり作って優しく洗っていきましょう。

擦り過ぎないことが大切であり、前から順に肛門に向かって洗っていきます。

陰部の悩みとしては痒みや吹き出物などがよくあります。

痒みは汗や排泄物、細菌、カビなどが原因で起こってしまうことがあり、清潔にして通気性の良い下着を身につけ、群れを防ぐことが大切です。

痒みが軽い場合はあまり気にならないかもしれませんが、痒みが酷い場合は抗炎症剤や抗生物質、抗真菌薬を使って治療することになります。

また、陰部には毛包炎というニキビに似た吹き出物ができることがあります。

これは下着で擦れる部分やアンダーヘアを自己処理した部分などにできやすく、一度にたくさんできることもあるでしょう。

また、化膿するケースもありますが、その場合は切開して膿を出すことになります。

そこまで悪化していないという場合、軟膏や内服薬で治療することになるでしょう。

陰部の痒みや痛みは気になるものですし、吹き出物などをしっかり予防する方法を知っておくことが大切です。

陰部は清潔に保つことが大切であり、蒸れが気になる場合は身につける下着を見直してみましょう。

通気性の良い下着を選ぶことが大切であり、絹やコットンなどの素材の下着なら蒸れにくくなります。

生理中は普段よりもさらに蒸れやすくなりますが、通気性のことを考えるなら布ナプキンなどを使うのもおすすめです。

ナプキンをこまめに変えることで雑菌の繁殖を抑えることができるでしょう。

また、ニキビのような吹き出物は刺激が原因でできてしまうこともあるため、陰部を強く擦ってあるのは良くありません。

たっぷりと泡立てて優しく丁寧に洗っていくと良いでしょう。

また、アンダーヘアの手入れをすることで陰部が蒸れにくくなると言われています。

自宅でケアをするという方法もありますが、皮膚や毛穴を傷つけることで雑菌が侵入してしまうこともあります。

陰部にできるニキビのような吹き出物で悩んでいる場合、プロに脱毛を任せた方が良いかもしれません。