デリケートゾーン アンダーヘア チクチク

欧米では、デリケートゾーンのアンダーヘアを処理することは当たり前のマナーとなっています。

日本ではそこまでいっていませんが、最近ではヘアのお手入れは当然のこととされるようになってきました。

けれども、デリケートゾーンのお手入れには、注意が必要です。

アンダーヘアを処理した後に、毛がチクチクするようになってしまった、と言う人も多いのではないでしょうか。

デリケートゾーンの毛は、常に下着に接触しているということもあり、他の部分よりよけいにチクチク感が気になることになります。

 

 

自分でお手入れをする場合、まずほとんどの人がハサミやカミソリを使って作業をします。

残念ながら、これこそがチクチクの一番の原因になってしまいます。

なぜならば、ハサミやカミソリを使うと、切った毛先がとても鋭くなってしまうのです。

このような毛は、触った時にザラザラとした嫌な感触を与えてしまいますし、肌を刺激してかゆみを発生させたりしてしまいます。

さらには、水着や下着のすきまから、鋭い毛が抜けだしてしまうようなことまであり、とても恥ずかしい目にあうことも。

それだけではなく、毛が伸びてくると、あちこちの皮膚に刺さってよけいにひどい状況になってしまいます。

この毛のかゆみによって、仕事に集中できなくなった人もいるくらいですので、笑い事ではありません。

 

 

 

このような状況をさけるためには、処理するときに注意を払う必要があるでしょう。

方法の一つに毛抜きを使うという手があります。

これならば、毛を切るわけではないので、毛先が鋭くとがることはありません。

ただし、毛抜きはあまり良い方法だとは考えられていません。

なぜならば、うまく毛が抜けずに途中でちぎれてしまうこともあるからです。

そうなると、色素沈着や黒ずみの原因になってしまいます。

手軽な効果が高い方法では、ヒートカッターを使うやりかたがあります。

これは熱で毛を焼き切る道具ですので、毛の先端が丸くなりチクチクすることがなくなります。

ただし、焼くのが良いからといって、ちゃんとしたヒートカッターではなく線香などを使うのは厳禁です。

火傷の危険性がありますし、デリケートゾーンに使用するのですから、しっかりとした道具を選びましょう。

 

 

 

 

また、処理の後におこなう毎日のケアも重要です。

保湿クリームや化粧水を使って、お肌の潤いを保つようにしなければいけません。

肌を乾燥させないことにより、チクチクした感触を受けることが減りますし、毛も柔らかくなってトラブルを抑えられます。

ただし、保湿するべきだからといって、お肌のベタつきが良いというわけではありません。

デリケートゾーンを下着で締め付けると、湿気がこもってしまうことがあり、お肌に良くありません。

雑菌なども湧きやすくなって、衛生上も好ましくありませんので、適度な通気性を心がけるようにしましょう。

とにかく処理方法に気を使い、保湿を心がけることが大事です。正しいアンダーヘア処理で、チクチクを防ぎましょう。