デリケートゾーン アンダーヘア ヒートカッター

デリケートゾーンのアンダーヘアを上手く処理することができず、悩んでいるという人も多いでしょう。

デリケートゾーンというのは肌が敏感でかなり弱いため、肌への負担をできるだけ減らした処理方法を行っていくことが大切です。

 

 

アンダーヘアはエステサロンで脱毛を受けるという方法もありますが、人に見せるの抵抗があるという場合、正しい自己処理の方法を知っておくのがおすすめです。

 

 

正しい処理方法を知っておくことにより、肌への負担を減らしつつ、ムダ毛の無い綺麗なデリケートゾーンを手に入れることができるでしょう。

アンダーヘアの長さを整えたいという場合、ハサミを使う方法が最も手軽です。

しかし、鋭利なハサミでムダ毛をカットすると断面が尖ってしまいますし、不快感が強くなってしまうこともあります。

また、下着などからムダ毛が出てきてしまうこともあるため、ハサミ以外の方法を考えると良いでしょう。

ハサミ以外でどうやって長さを調節したら良いのかということですが、熱でムダ毛を焼き切るヒートカッターを使うのがおすすめです。

 

 

 

ヒートカッターといってもいろいろあるため、どのようなものが良いのか迷ってしまうかもしれません。

一般的には先端がコーム型になっており、その部分に熱線が通っているタイプが多く、この部分にムダ毛を押し付けることで焼き切ることができます。

毛を焼き切ることで毛先が丸くなるため、下着などからムダ毛が突き抜けにくくなります。

また、毛先が肌に触れた時の不快感なども少なくなるでしょう。

ヒートカッターを使ってアンダーヘアを処理する場合、まずはきちんと説明書を読みましょう。

メーカーによって使い方は異なっていますし、デリケートゾーンを処理するのに使うものなので、正しい使い方を実践することが重要です。

 

 

 

次にアンダーヘアのどの部分をどのくらいカットするのかを決めることになり、海などに行くなどの予定がある場合は水着からはみ出てしまう部分を確認しましょう。

それから電源を入れて正しく動作することをチェックするのですが、ほとんどのヒートカッターは電源が入るとランプが点灯するなどすぐに分かるようになっています。

そして、カットしたい毛先を手で少し摘み、熱線の通っているコームの部分に当ててカットしていくことになります。

処理が完了したらアンダーヘアの状態を確認しましょう。

きちんと全て処理されていることをチェックすることはもちろん、水着や下着を着て確認するのも良いです。

また、水着の場合は動いてもムダ毛がはみ出ないことを確認しましょう。

ヒートカッターを使ったムダ毛処理は少し時間がかかりますし、毛を焼き切る時に臭いが気になることもあります。

しかし、ムダ毛を綺麗にカットすることができますし、処理後の不快感も減らせるというメリットが挙げられます。

ヒートカッターを使う場合、熱でムダ毛を焼き切るという商品であるため、信頼できるメーカーの商品を購入することが大切です。