デリケートゾーンのアンダーヘアのiライン。残すのはどれくらい?自己処理の注意点とメリット、デメリット。

デリケートゾーン アンダーヘア Iライン

デリケートゾーンのアンダーヘア脱毛では、vライン、iライン、oラインという言葉で各部位が説明されています。

 

iラインというのは、性器周りのことです。アルファベットのiのような真っ直ぐなラインでムダ毛を取り除くことから、エステサロンや脱毛クリニックなどで、この呼び方をすることが多くなっています。

とてもデリケートな部分とあり、自己処理が難しそうなイメージが強いですが、自己処理ができないわけではありません。

丁寧に行うことで、安全に処理を完了させることができます。

 
ポイントとして、粘膜付近の処理は行わないように注意します。

カミソリの刃や脱毛クリームなどの成分で傷がついたり、刺激となる場合があります。

性器の粘膜付近にムダ毛があったとしても、無理に取り除かずに残しておくことをおすすめします。

この点に注意しながら処理すれば、ムダ毛が目立たない綺麗な状態に仕上げることが可能です。

 
自己処理によるiラインのアンダーヘア脱毛の最大のメリットは、自宅でいつでも行えることです。

外出することなく、自分の部屋や浴室などで、好きなタイミングに処理を行えます。

明日までに脱毛を済ませたいという場合でも、道具さえ揃っていれば、直ちに実行することができます。

他人に性器周りを見られないというメリットも大きいといえます。

 
エステサロンやクリニックを利用するわけではないため、それらを利用する際の料金が一切かかりません。

カミソリや脱毛クリームなどの道具代のみで処理できます。

非常にリーズナブルに行えるのも、優れたポイントです。

 
デメリットがないわけではありません。

iラインの部分は本人には見えにくい部分です。

見えにくい状態でカミソリの刃をあてるのは、とても危険だといえます。

皮膚が柔らかく、とてもデリケートな部分ですので、簡単に切り傷がついてしまう恐れがあります。

脱毛クリームならば幾分塗りやすいといえますが、このクリームは毛を溶かしてしまうほど刺激が強いため、皮膚を傷めてしまう危険をはらんでいます。

クリームが垂れて粘膜部分に入り込む危険も高く、完璧なまでに安全に処理するのは難しいといえます。

 

 

また、これらの処理方法では、すぐにムダ毛が生えてきます。

その都度処理を行わなければならず、大変手間がかかるというデメリットを持っています。

 
デメリットが気になるなら、料金が高くてもエステサロンやクリニックでアンダーヘア脱毛を受けましょう。

何度か通い続けることで、自己処理がほとんどいらなくなるほど、ムダ毛を除去してくれます。

 
残す量については、エステサロンやクリニックのスタッフと話し合いによって決めるようにします。

ただ、全部ムダ毛を処理した方が、スッキリとして清潔感が出るようになります。

しかし、粘膜部分に生えているムダ毛は処理が難しいため、できれば皮膚の専門医がいるクリニックの脱毛施術を受けるようにしましょう。

やや料金は高いですが、少ない回数で高い効果を実感できます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

臭いやかゆみを軽減できる、アンダーヘアのの手入れの方法を解説します。

知っておくべき、デリケートゾーンのアンダーヘアのセルフケア。脱毛器それともエステ...

初めてのお泊りデート。デリケートゾーンのケアどうしてますか?よくある悩みを詳しく...

デリケートゾーンのアンダーヘアがチクチク、それってどうして?チクチクしない上手な...

あなたは知っている?アンダーヘアの正しい処理方法

必見!初めてでもデリケートゾーンのアンダーヘアが上手に処理できるヒートカッター特...