陰部 ニキビ
陰部ニキビのようなものの多くは毛嚢炎とよばれ、顔にできるニキビの原因であるアクネ菌とは別の菌が原因です。毛嚢炎は、毛包炎ともよばれ、毛穴の奥で毛根を包んでいる毛包に原因菌が入り込むことで感染する皮膚病の一つです。

毛嚢炎は、黄色ブドウ球菌や緑膿菌などの菌によって引き起こされます。汗をかいたままなどの皮膚の衛生状態が悪い時、生理中、カミソリなどで肌に傷が付いている時などが感染しやすくなります。他にも、食生活の偏りも影響を与えると考えられています。初期段階であれば、痛みや痒みがなく、赤い発疹があらわれる程度で済みますが、重度化していくにつれ、しこりができ、痛みや痒みを伴い始めます。

ニキビとは違うため、ニキビ薬ではなく、抗生物質・ステロイド系の外用薬を塗ることが一般的な対処法です。皮膚科を受診して処方箋薬局で受け取る方法やドラッグストアで購入する方法などがあります。
毛嚢炎ではなく、尖圭コンジローマの場合もあります。

尖圭コンジローマは、ヒトパピローマウイルスが原因でイボができる病気です。子宮頸部や大陰唇、小陰唇、会陰、尿道口、肛門周りなど様々な部位にできます。大きさも数ミリ程度の大きさから数センチ程度まで大きくなるケースなど様々です。尖圭コンジローマの場合は、塗り薬での治療やレーザーなどで切除することになります。再発しやすい性質があるため、根気よく治療を続けていく必要があります。

Embed from Getty Images

予防のためには、清潔に保つことが重要です。陰部のムレも衛生状態を悪くする要因です。ムレがきになる場合には、ショーツやナプキンの見直しを行います。通気性の良いショーツに変えるだけでも効果が期待できます。また、生理中は普段よりもムレを感じやすくなります。そのため、ショーツはコットンやシルクなどの通気性の良い素材でできているものを使用する、ナプキンを布ナプキンに変える、汚れていなくてもこまめにナプキンは交換するなど菌の繁殖しやすい環境をできるだけ作らないように心がけます。汗をかいたままにしていると毛穴にブドウ球菌が入りやすくなります。陰部はシャワーで清潔に洗うように心がけます。洗うときはこすらずに石鹸やボディーソープを泡立てて優しく洗うようにします。陰部の皮膚は薄く、誤って皮膚を傷つけてしまうとそこから雑菌が繁殖してしまいます。

アンダーヘアの手入れにより毛嚢炎などの陰部ニキビができることがあります。自宅ケアでカミソリや毛抜き、ワックスなどを使っていると皮膚を傷つけてしまうことが多く、菌が侵入しやすい環境になります。陰部にニキビのようなデキモノができてしまう場合には、セルフケア方法の見直しが必要です。陰部にできるニキビなどは、顔のニキビとは異なり、他人の目が気になりにくい部位です。しかし、痛みや痒みが伴うようになると日常生活に支障をきたすようになるため、薬で改善できない場合には、早めに婦人科や皮膚科を受診します。