ハーバルラビットは粘膜は危険!?具体的に解説しちゃいますよ!

ハーバル 粘膜

肌の黒ずみが気になる人に人気があり、人気モデルやタレントなどが使っていることでも人気がアップしている黒ずみ対策クリームがハーバルラビットです。

ハーバルラビットはデリケートゾーンの黒ずみに使うものですが、粘膜などの利用は注意が必要です。

ハーバルラビットは粘膜への利用は

デリケートゾーン 黒ずみ 水着

下着や水着を着た時やプライベートタイムに気になる人が多いデリケートゾーンの黒ずみにも、ハーバルラビットを使うことで、なめらかで透明感がある肌に導かれると話題になっていますが、黒ずみが気になっていても、粘膜の部分への使用は基本的にできません。

ハーバルラビットを粘膜への利用注意点

ハーバル 粘膜 ×

肌に刺激のある成分を含まず、肌に優しい成分だけを厳選しているハーバルラビットですが、口の中や目の中、肛門の中やデリケートゾーンの内側の湿っている部分には、使うことができません。

粘膜に直接つけなければ、唇や目元、デリケートゾーンに使うことができるので、気になる黒ずみがある場合には、目の中や口の中、肛門やデリケートゾーンの内側につかないように注意しながら使うことが注意点です。

ハーバルラビットが使える部位

ハーバル 使える部位

ハーバルラビットは、ビキニラインや目の下のクマや色素沈着、唇や首元をはじめ、脇やバスト、ひざにくるぶしと全身に対応しており、黒ずみが気になる部分に使うことができます。

石油系の界面活性剤やシリコン、着色料やアルコールなど肌に刺激を与える添加物は含まれていないので、肌に優しく、一本で全身の黒ずみや色素沈着のケアや防止をすることができる便利なクリームです。

気になる黒ずみを毎日ケアすることで、肌に透明感が出てきれいになることが期待できるだけでなく、しっとりとした潤いがあるなめらかで手触りの良い肌になることができるところも人気がある理由のひとつです。

まとめ

ハーバル 粘膜 まとめ

外部から刺激を受けたり、紫外線を受けたりした肌は、自分自身を守るためにメラニン色素を放出します。メラニン色素は、肌を刺激や紫外線から守るという働きがありますが、肌が黒くなるという性質もあり、乾燥しやすく下着や衣服とこすれる部分や曲げ伸ばしが多い部分などが黒ずみやすい傾向があります。

バストやデリケートゾーンの黒ずみが気になる人やひじやひざ、脇などの黒ずみが気になる人がハーバルラビットを使うと、肌の新陳代謝が促され、古い角質として自然に剥がれ落ちて肌の生まれ変わりが進むので、透明感がある綺麗な肌に導かれます。

また、4種類もの美白成分と保湿成分がたっぷりと含まれているので、肌をうるおいで守りながら、黒ずみが気になりにくいきれいな肌になることが期待でき、黒ずみを防ぐことも期待できると人気があります。

https://www.mcdonogh35.org/ハーバルラビット/ ‎

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

ホワイトラグジュアリープレミアムで黒乳首が!最新デリケートゾーンコスメはこれで決...

ホスピピュア

あの「湘南美容外科」が開発した最強の黒ずみ対策コスメとは?デリケートゾーンの悩み...

デリケートゾーンの黒ずみとホルモンの関係

ピンキープラウド!こんなの欲しかった「魔法のコスメ」!「黒ずみ・ニオイ・乾燥」3...

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームで黒ずみのないデリケートゾーンを目指そう!

ヴィエルホワイト

Vライン専用美容液!ヴィエルホワイト【送料無料】満足度93.7%