黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみのケア方法は?

デリケートゾーンの黒ずみは、人目につくことはなく、自分でもあまり気にしないのではないのでしょうか?

あい
あい
デリケートゾーンが汚いなんて女性として失格だよ。。。彼氏がいる人はばれたくないよね。解消方法は知っておきたい・・・

しかしながら、水着になった時などにデリケートゾーンの黒ずみは自分が思っている以上に目立ちます。

例えば、水着を購入しようと、試着をした際に自分の体を鏡でまじまじと見て、こんなにも黒くなっていたんだととはじめて気づく人もいます。

今回はそんなデリケートゾーンの黒ずみケアについて調べてまとめました。

デリケートゾーンの黒ずみケア方法は?

  1. 黒ずみの原因を知る
  2. 気が付いたら早くケアを始める
  3. ケアは継続する

肘や膝、脇といった人目に付きやすい場所は意識してお手入れしている人もいますが、デリケートゾーンとなると手を抜いてしまったり、そもそもあまり意識を向けたことがないという人も多くいますよね。

黒ずみの原因を知る

適切なケアをする前に、原因を知ることが改善のポイントになります。

気が付いたらケアはすぐ始める

一旦、黒くなってしまい、それを放置したままにしておくと、元の状態に戻すまでに様々なケアが必要であり、時間もかかります。

ケアは継続する

普段人目につかないからこそ、日頃からしっかりとケアすることが大切です。

また適切なケアをすることで、悪化してしまった状態を改善することも期待できます!

デリケートゾーンが黒ずむ原因は?

黒ずみができる原因は一体何なのでしょうか?

様々な原因があり、大きな要因としては、外的刺激によるメラニン色素の沈着、ターンオーバーやホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。

メラニン色素沈着

メラニン色素の沈着というと、紫外線を浴びることによるシミというイメージを持っている人もいるかもしれません。

メラニン色素は紫外線によるものだけではなく、体のゴシゴシ洗いや、タオルで強く拭くことによる摩擦や乾燥も沈着を起こす原因となります。

デリケートゾーンは通常洋服などでカバーされていることが殆どですので、紫外線の影響によるものは少なく、どちらかというとこういった普段の行動の中で自分の肌を無意識に傷つけていることが主な原因となっていることがあるため、注意が必要です。

デリケートゾーン黒ずみ メラニン
デリケートゾーンの黒ずみ原因は「メラニン」デリケートゾーンの原因となる一つがメラニンによる黒ずみ。 主な原因は、一言で言ってしまえば「メラニン」です。 紫外線を多く浴...

ホルモンバランスの変化

また、年齢とともにターンオーバーが正常に働かなくなったり、ホルモンバランスの影響を受けてターンオーバーが乱れたりすることが多くなります。

これが原因で肌の生まれ変わりがスムーズにいかなくなり、本来剥がれ落ちるべき古い角質が剥がれ落ちず、肌に留まることからメラミン色素が沈着し、シミや黒ずみとなってしまうことがあります。

ちょっとしたストレスも自律神経の働きに影響を与え、ホルモンバランスが乱れてしまいます。特に仕事や人間関係で強いストレスを日頃から感じている人、ストレスを上手に発散できていない人は、自律神経の交感神経が優位になっていることが多く、この交感神経が優位になる時間が長い程、ホルモンバランスにも大きな影響を与えてしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみとホルモンの関係人になかなか相談することが難しいデリケートゾーンの悩みは、女性なら一度は直面したことがあるのでは。 特に、黒ずみに関しては...

こういったことを踏まえて、どのような対策をすれば良いのでしょうか?

今すぐできるデリケートゾーンの黒ずみケア方法とは

ケア方法としては、まずは極力刺激を与えないようにすることです。

あい
あい
体を洗う時、拭く時はゴシゴシせずに優しくそっと肌を扱うようにしてみてください。

洗い方

顔のケアをする時にも洗顔料をしっかり泡立てて、指の腹で優しく洗うのと同じような感覚で、優しく扱うことがポイントです。また汚れをしっかり落とすことも大切ですが、洗いすぎは禁物です。

洗いすぎることにより、本来皮膚に必要な油分まで洗い流してしまい、余計に皮膚表層の乾燥が進んでしまいます。

肌をいたわりながら汚れを落とすようにして、気になる部分の保湿をしっかりしましょう。デリケートゾーン専用の石鹸もあるので、敏感肌な部位でも市販製品よりも安心して利用できます。臭いの予防にも◎

保湿ケアは必須

なかなかこの部分まで保湿をしっかりする人は少ないかもしれませんが、ボディクリームなど油分で蓋をするようにしましょう。

デリケートゾーン専用のクリームやケア商品もあるため、こういったものを使ってみる方法もあります。

あい
あい
肌の乾燥もターンオーバーの乱れの原因となるため、表面の汚れをしっかり洗った後は、保湿をして肌の状態を整えてあげることも大切!

おすすめケアクリーム:デリケートゾーンの黒ずみ解消ケアクリーム12選

下着にも気を付けて

また締め付けが強い下着も肌にとって刺激となります。

かわいい下着やデザインが良い下着を選びがちですが、こういったものはサイズが小ぶりで思った以上に肌を締め付けています。

下着は一日中つけているものであるため、コットンやシルクなど肌に優しい素材で、体を過度に締め付けないものを選ぶようにしましょう。

ただの下着のゴムによる締め付けと思うかもしれませんが、このような些細なことでも、肌は刺激や摩擦を受けてしまいます。

刺激や摩擦を受けることで、メラノサイトという肌細胞が刺激を受け、メラニン色素を作り出してしまいます。

毎日体に身につけるものだからこそ、また長時間身につけるものだからこそ、日々のダメージが積み重なりやすくなります。

たかが下着と軽く捉えずに、しっかりケアをしたいのであれば、自分の体に合った肌に優しいものをしっかり選びましょう。

さらに、デリケートゾーンのムダ毛の自己処理をしている人はカミソリによる刺激も肌を痛める原因となるため、脱毛サロンでお手入れを受けることも、黒ずみを防ぐ良い方法ですので、考慮してみても良いでしょう。

まとめ

日頃から食生活、生活習慣に気をつけ、適度な運動をして汗をかくことで新陳代謝を高めターンオーバーを正常化し、ホルモンバランスを整えることができるため、食事、生活習慣、運動も意識して生活に取り入れ、しっかり黒ずみケアをしましょう。

ABOUT ME
あい
あい
はじめまして、あいと申します。 わたしは、パートナーに黒ずみを指摘された一人であり別れを告げられました、実は自身の実話でした。 女友達にも別れの理由を話せず胸の奥にしまい墓までもっていくつもりでしたが、ヤフー知恵袋を見てみると多くの女性が同じような悩みを持っていることを知り当サイトを立ち上げました。 同じ悩みをもつ女性が一人でも心穏やかに過ごせるように祈ります。 サイトタイトルは、少しでも同じデリケートゾーンの悩みをなくしたいという思いから「なくし隊」と命名しました。