黒ずみ

デリケートゾーンに黒ずみがある場合の脱毛について

VIOの脱毛は臭い対策やマナーにも、デリケートゾーンに黒ずみがある場合の脱毛はできるのでしょうか。

デリケートゾーンに黒ずみがある場合脱毛ができるのか?気になりますよね。調べてまとめました。

デリケートゾーンの黒ずみがあっても脱毛できる?

デリケートゾーンに黒ずみがあってもVIO脱毛はできる

黒ずみがあるからといって、「脱毛が全くできない」ということはありません。

デリケートソーンは黒ずみが、発生することもある部位。

このため脱毛をするときには、気をつけなくてはなりません。

毛ほどの濃さがある、あるいは真っ黒になってしまっているというのなら別ですが、そうではないのならデリケートゾーンは誰でもある程度黒ずみがあるものです。

一般的なサロンの場合は、そこまで施術ができないということはないようです。

デリケートゾーンの黒ずみを脱毛サロンでする場合は?

サロンによっては実際に見せてほしい、どの程度か相談してくれれば回答もできる、としています。

大体の場合あまり問題なく脱毛の施術をしているそうなので、真っ黒で毛と同じくらい黒っぽいというのではないのなら、諦める必要はありません。

脱毛できないケースとは

  • 黒ずみが酷い
  • 日焼け

真っ黒な場合

できないケースとしては、上でも出したように真っ黒だという場合です。

脱毛は光の力によって毛根にダメージを与えて脱毛するということですから、肌の上に毛ではない黒っぽい部分があると、脱毛施術ができません。

ちなみに肌の上にほくろやシミがある場合避けて行うため、それ以外のところなら十分綺麗に脱毛できます。

サロンによっては光に反応しないようにバンソウコウのようなシールを貼ってから施術しますから、できないわけではないのです。

日焼けをしている場合

黒ずみとは別に、日焼けしている場合も含みます。

あまり日に焼けない部位ではありますが、もし日焼けをしていたら施術を受けることができません。

これも光が反応してやけどさせてしまうためで、これを防ぐために日焼けはしないようにしましょう。

黒ずみが気になるならサロンに相談してみましょう。

デリケートゾーンの黒ずみは人に見せるのが恥ずかしい部分、サロンで応対するのは女性ですから、敏感になることはありません。

もし黒ずみが原因で施術ができない、となっても方法はいくつかあります。

サロンで脱毛できない場合の黒ずみ対策とは

  1. 専用クリーム
  2. レーザー施術

美白専用クリーム

ひとつは専用の美白アイテムを使うことで、実は美容皮膚科などになると、美白のための専用のクリームや施術があります。

それを受けてからレーザーなどで施術を受けると、肌も白くなり綺麗なデリケートゾーンになるのです。

敏感な部位なので、一般的な美白対策アイテムよりも医療機関でもらった薬のほうが効果が出ます。

ただ、それでも早くて半年ほどかかりますから焦らないでじっくり行っていくことになるでしょう。

レーザー施術

美容皮膚科の場合、レーザーで皮膚表面を焼いてメラニン色素を落とし、肌を白くするという施術もあります。

この場合でも肌は白く綺麗になり、それから毛の処理に移ります。

ただし、この場合は肌表面を焼いた日に毛の処理を受けることはできません。

やはりそれなりに期間がかかりますし、費用も高額になってしまいます。

すぐにやって欲しい場合はニードルという方法もあります。

これは毛穴に一本一本針を入れて焼いていくという方法で、日焼けをしている人でも毛穴の部位がわかれば処理ができるというメリットがあるのです。

残念ながら痛みがかなり強く、今の主流となっている光やレーザーよりは一回の施術に時間がかかる傾向があります。

痛みが強いのはデリケートゾーンの施術にはよくあることなのですが、さらに痛くなり痛みが激しいため、代金を支払ってもサロンに通えなくなるというくらい痛い人もいます。

あまり向かない方法ともいえます。

このため、現在の主流となる方法とはいえず、医療機関によっては取り扱いがいないところもあります。

医療機関に問い合わせてから行いましょう。

まとめ

痛みが強い場合、美容皮膚科などの医療機関ならば表面麻酔などの施術もできそうです。

色素沈着が濃くない場合、十分施術の対象になります。

サロンで相談すれば「そこまで濃くないし施術できます」といわれることがほとんど。

美容皮膚科など医療機関の場合は「せっかくなら一緒に美白対策もしていきませんか」となることも多く、お肌に対してトータルでケアできるように考えられています。

デリケートゾーンの場合は特に下着がこすれたり拭き取ったりとこする機会が多く、その分肌に対して刺激になりやすく色も濃くなります。

ただ、色が濃いから誰でもできないというわけではありません。

色があっても施術できることは多いので、安心してください。

極端に濃い場合、施術でやけどをさせてしまうかもしれない場合などもあり、そのようなことも考慮したうえで施術できないかどうかを決めることが多いでしょう。

何よりもサロンで相談することが大事です。

大体の場合は施術ができますから、黒ずみがあっても大丈夫です。

サロンによってはトータルケアで綺麗にしてくれることもありますから、黒ずみ程度では諦めずに、まずはサロンや美容皮膚科などに相談してみるといいでしょう。

日ごろからデリケートゾーンの黒ずみが悪化しないよう、乾燥や摩擦から守りケアするには専用クリームがお薦め。

デリケートゾーン 黒ずみ
デリケートゾーン黒ずみ自力解決する方法と予防対策クリーム12選デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる女性は多く、同性である女性同士でも相談しにくい悩み。 デリケートゾーンにおすすめの「黒...
ABOUT ME
あい
あい
はじめまして、あいと申します。 わたしは、パートナーに黒ずみを指摘された一人であり別れを告げられました、実は自身の実話でした。 女友達にも別れの理由を話せず胸の奥にしまい墓までもっていくつもりでしたが、ヤフー知恵袋を見てみると多くの女性が同じような悩みを持っていることを知り当サイトを立ち上げました。 同じ悩みをもつ女性が一人でも心穏やかに過ごせるように祈ります。 サイトタイトルは、少しでも同じデリケートゾーンの悩みをなくしたいという思いから「なくし隊」と命名しました。