ぐぅぅ、性行為しなくてもデリケートゾーンのかゆみが・・・エッチしなくてもかゆみがでるの?原因と気をつける事を解説!

デリケートゾーン かゆみ

デリケートゾーンは、性行為などをしなくてもムレたり清潔な状態を保てない場合には、雑菌などが繁殖してしまい、かゆみがでたり、臭いがつよくなることがあります。

そのため、パートナーがいるいないにかかわらず、また性行為ない場合でもデリケートゾーンのお手入れは常にしておくことが大切です。

お風呂などで、デリケートゾーンを洗うことは重要ですが、臭いを気にしすぎたり、きれいにしようとあまり一生懸命こすってしまったり、洗いすぎてしまうのはかえって臭いが強くなってしまったり、肌荒れなどの原因にもなります。適度に洗い流すことが大切です。

また、膣内においては自浄作用があるので、膣内の菌を洗いすぎてしまうと、自浄作用が弱まり、これもにおいを強めたり、雑菌が繁殖しやすい状況を作り出してしまうことがあるので注意が必要です。

ボディソープなどで適度に洗い流すのもいいですが、自分の肌質に合わない場合には、デリケートゾーン専用石鹸などもあるので、そちらを利用してみるのもいいでしょう。

また、清潔に保つこと以外でも、かゆみなどに対策をすることができます。

生活習慣の改善です。不規則な生活をしていると疲労やストレスが溜まってしまい、体にもさまざまな影響がでることがあります。

また、免疫力が低下してしまうと、デリケートゾーンの雑菌が増殖するためかゆみや臭いなどにも影響がでることもあるでしょう。

そのため、生活習慣を改善していき、免疫力が低下しないようにすることも大切です。

睡眠不足はホルモンバランスなどにも影響します。

ムレなどにより汗をかいたりすると皮脂などの分泌する量が、ホルモンバランスが乱れることで増加してしまうことも考えられます。

皮脂の分泌量が増加すると、毛穴が詰まる原因にもなるので、睡眠をしっかりと取り、規則正しい生活が送れるように心がけていきましょう。

また、運動不足の場合には、血行不良など代謝機能の低下になることがあります。

適度な運動をすることで、汗をかき代謝機能を向上させるようにしましょう。

血流の改善や脂肪を燃焼させることにもつながるので、肥満防止にもなるでしょう。

運動不足の状態から、激しい運動を最初からしてしまうと、体力などもついていない、また、筋力などもかなり落ちている状態であるので、無理な負荷がかかり体を痛めてしまうこともあるでしょう。

運動をする習慣を身に着ける場合には、ウォーキングや軽くストレッチなどから始めてみるといいでしょう。

適度に筋力を鍛え、体を動かし、柔軟性をやしないつつ、徐々に体を慣らしていくことが大切です。

ある程度、筋力がついて体力がでてきたら、運動量を少しずつ増やしていきましょう。ウォーキング以外にも軽いランニングなどをしてみるのも体力をつけるにはいいかもしれません。

生活習慣の改善のほかにも、食生活を改善していくことも、免疫力を維持することになります。体に必要な栄養をしっかりと補える食生活を心がけることで、免疫力を維持し、デリケートゾーンのかゆみや臭い対策にしましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

えぇぇ!どうしよう、性行為の後からデリケートゾーンにかゆみが!もしかして病気!?...

ギギギッ!かゆいかゆい、生理中のデリケートゾーンのかゆみの原因、気をつけたい厳選...