知っておくべき、デリケートゾーンのアンダーヘアのセルフケア。脱毛器それともエステに行く?メリット、デメリットを解説します。

デリケートゾーン アンダーヘア 脱毛器
最近は芸能人やモデルがハイジニーナであることを公言する機会が増えています。

ハイジニーナは簡単に言えばデリケートゾーンをツルツルにしている状態のことを意味しています。

水着姿になってもアンダーヘアを気にする必要がなくなるだけでなく、汚れや雑菌が付着することを防いで常に清潔でいることができます。

 

 

自己処理を行えばすぐにでもハイジニーナになることができますが、デリケートゾーンの濃いムダ毛を安易に処理すると肌トラブルに悩まされる可能性が高くなります。

カミソリや脱毛ワックス等でムダ毛処理しても、ムダ毛の再生組織は影響を受けないため、数日後には元通りになってしまうでしょう。

再生してくる過程で毛穴がポツポツと黒くなるので、見た目も悪くなります。

自分でハイジニーナになりたい場合は、家庭用脱毛器を使う方法があります。

シェービングしたり毛抜きで引き抜くよりはお肌へのダメージを避けながらハイジニーナを目指すことができます。

しかし、効果のある家庭用脱毛器は限られているので、口コミサイトなどを参考にしながら良い製品を探してみることをおすすめします。

 

 

効果を実感しやすい脱毛器は、フラッシュ脱毛器やレーザー脱毛器です。

プロの施術に近い仕組みでムダ毛の再生組織にダメージを与えていくことができるので、根気よく続けていけば効果を実感できる可能性があります。

 

 

家庭用脱毛器はプロの施術に比べれば費用が安いのがメリットですが、出力が弱いというデメリットがあります。

デリケートゾーンの濃いムダ毛をしっかりとツルツルにするには、家庭用製品ではパワー不足になりがちです。

また、デリケートゾーンを自分で脱毛することは安全性の面からもあまりおすすめできません。

 

 

効率的にハイジニーナになりたい場合は、プロの施術を受けるのがおすすめです。

エステやクリニックで行われている施術なら、産毛から濃いムダ毛まで安心してツルツルにしていくことができます。

もしデリケートゾーンのムダ毛が濃い場合は、クリニックのレーザー脱毛はあまりおすすめできません。

レーザーはムダ毛のメラニンに吸収される性質を持っているので、濃いムダ毛ほど一度にたくさんレーザーが吸収されて効果を実感しやすくなります。

しかし、その分施術時に強い痛みを伴う可能性があるのが難点といえます。

施術の度に痛みに耐える必要があるので、痛みが苦手な方にとってはつらい施術となるでしょう。

 

 

リラックスしながらデリケートゾーンをツルツルにしたい場合はエステの光脱毛が最もおすすめです。

光脱毛はレーザー脱毛のような強い痛みを感じにくい施術なので、初めてプロに脱毛してもらう人でも安心して施術を受けていくことができるでしょう。

 

 

プロの施術を完了させた後は、自己処理をほとんどしなくてもハイジニーナでいることができるようになります。

リラックスしながらアンダーヘアの悩みから解放されたい場合は、エステの施術を検討してみることをおすすめします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

必見!初めてでもデリケートゾーンのアンダーヘアが上手に処理できるヒートカッター特...

どんな形がお好み?あなたにベストなアンダーヘアはこれでした!アンダーヘアの形大全...

デリケートゾーンのアンダーヘアがチクチク、それってどうして?チクチクしない上手な...

デリケートゾーンのアンダーヘアのiライン。残すのはどれくらい?自己処理の注意点と...

あなたは知っている?アンダーヘアの正しい処理方法

初めてのお泊りデート。デリケートゾーンのケアどうしてますか?よくある悩みを詳しく...