臭いやかゆみを軽減できる、アンダーヘアのの手入れの方法を解説します。

デリケートゾーン アンダーヘア 手入れ

デリケートゾーンの臭いやかゆみは人に相談しにくい悩みですが、意外と多くの女性が真剣に悩んでいる事です。

婦人科で相談するのも恥ずかしいし、脱毛サロンで施術してもらうのも恥ずかしいし、と我慢している人も多いのではないでしょうか。

自宅で自分で簡単にお手入れできて、においやかゆみとお別れできるなら、誰もがそうしたいはずです。

まず、臭いについてすぐに出来る対策はなるべく清潔に保つことです。

デリケートゾーン専用の石鹸なども販売されているので、そういったものを使ってみるも良いのですが、一番解決しやすいのが、アンダーヘアのお手入れをすることです。

デリケートゾーンはずっと衣類をぴったり着ている状態なので、蒸れてしまいがちです。

特にタイツなど通気性のあまりよくないものをずっと身につけている季節は悩む人が多くなります。

また、排泄を行う場所であるデリケートゾーンをずっと清潔な状態にしておくことは難しいです。

IラインやOラインにアンダーヘアが多い方はどうしても排泄の時に濡れてしまうので、Iライン、Oラインだけでも毛量を減らすだけでも随分臭いが気にならなくなります。

カミソリで剃るのが一般的ですが、カミソリで剃ると剃った後のけが伸びてきた時ちくちくしてしまいます。

また、デリケートゾーンというだけあって、粘膜に近い非常にデリケートな部分なので、カミソリ負けしてしまいがちです。

除毛クリームや脱毛クリーム\などもありますが、やはり、粘膜に近いデリケートな部分に使うと、刺激が強すぎて炎症を起こしたりする恐れがあります。

アンダーヘア専用の熱で毛先を丸くカットすることができるヒートカッターが、直接肌に触れずにアンダーヘアを処理できるのでとても便利です。

刃の部分が小さめで安全なものがありますので、使いやすいサイズの物がたくさんあるので、お手入れに使用してみるのがお勧めです。

かゆみについてもアンダーヘアのお手入れで解決出来ることが結構あります。

ヘアがずっと当たっている状態は、デリケートな粘膜にはかなりの負担になります。

かゆみがあるからと言ってかいてしまうとすぐに粘膜に傷が付き、また炎症を起こしてかゆみが生じる悪循環になってしまいます。

かゆいからとかいたり、下着などでこすれてしまったりすると、黒ずみの原因になる事もあります。

肌は傷がつくと負けないようにその部分が硬くなったり、色素が沈着したりするので、そうならないようになるべく普段から肌の負担を減らしてあげることが必要です。

フロント部分、Vラインについてはヒートカッターで、すいてあげると毛量が減り、肌の負担もぐっと減ります。

蒸れが軽減されるので、気になる臭いやかゆみも随分と楽になります。

デリケートゾーンのお手入れは、脇やひざ下などの脱毛、除毛と同じように、自分の身体を綺麗に清潔に保つため、お手入れする作業の一つです。

恥ずかしいからと我慢したままにしておくのは良くありません。

身だしなみの一つとして、少しでも快適に出来るよう、チャレンジしてみるのがお勧めです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

初めてのお泊りデート。デリケートゾーンのケアどうしてますか?よくある悩みを詳しく...

あなたは知っている?アンダーヘアの正しい処理方法

どんな形がお好み?あなたにベストなアンダーヘアはこれでした!アンダーヘアの形大全...

デリケートゾーンのアンダーヘアのiライン。残すのはどれくらい?自己処理の注意点と...

知っておくべき、デリケートゾーンのアンダーヘアのセルフケア。脱毛器それともエステ...

必見!初めてでもデリケートゾーンのアンダーヘアが上手に処理できるヒートカッター特...